株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2012年07月07日

【注目のリリース】サーラコーポレーションは業績好調で記念増配・単元変更と材料豊富

■上期は35%増益となり好調

 LPガスや輸入車のサーラコーポレーション<2734>(東1)は6日の大引け後、第2四半期決算(2012年12月〜13年5月、上期)を発表し、5月1日の設立10周年を記念して11月期末配当を従来予想の5円から6円にするとした。前年同期は5円だった。中間配も行なっており、13年5月は従来予想のまま5円(前年同期も5円)とした。また、投資家層の拡大などを図る目的で、単元株式数を9月1日付で500株から100株に変更するとした。

 第2四半期の連結決算(2012年12月〜13年5月)は好調で、売上高が前年同期比5.0%増の728.26億円となり、営業利益は同34.8%増の20.13億円となった。純利益は同7.2%減の10.62億円。LPガスなどのエネルギーサプライ&ソリューション事業のほか、カーライフサポート事業も好調。12年7月に子会社化した鈴木組も寄与。今年10月の開店を予定し「フォルクスワーゲン富士(仮称)」の新店舗工事を開始した。

■11月通期の業績は上ブレる可能性

 11月通期の業績予想は据え置き、連結売上高は1400億円(前期比6.8%増)、営業利益は18億円(同99.5%増)、営業利益は6.5億円(同20.0%増)。予想1株利益は16円91銭。第2四半期が会社予想を大幅に上ぶれる決算となったため、下期も好調なら、これらの予想を上回る可能性がある。

 株価は5月30日の432円を安値に切り返し、6月22日には530円の戻り高値。6日の終値は前日比変わらずの520円だった。PERは30倍に達する水準だが、通期の業績に上ブレの可能性があり、9月の売買単位変更、11月の配当取りなどに向けて何度も盛り上がる場面がありそうだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:43 | 株式投資ニュース