スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2012年08月07日

【アナリストの眼】「英風パブ」展開のハブに割安感、ロンドンオリンピック効果も

【今、この銘柄】

アナリストの眼=今、この銘柄 首都圏を中心に英国風パブを展開するハブ<3030>(JQS)については、今期の好業績見通しを評価したい。ロンドン五輪に加えて、秋以降のサッカーW杯予選などの効果なども期待できそうだ。

 7月13日に発表した今期(13年2月期)第1四半期(3〜5月期)決算(非連結)は、売上高が前年同期比18.1%増、営業利益が同98.0%増、経常利益が同96.5%増、純利益が同4.9倍だった。震災影響の一巡で大幅増収となり、新規出店の後ズレもあって大幅増益だった。

 同時に通期の会社予想を上方修正している。前回の見通しに対して売上高は1.3億円増額の75.3億円(前期比10.6%増)、営業利益は0.7億円増額の6.3億円(同12.5%増)、経常利益は0.7億円増額の6.3億円(同12.5%増)、純利益は0.4億円増額の3.4億円(同24.1%増)としている。年間配当についても前回の6700円から7500円(期末一括7500円)に増額修正した。前期に比べて800円の増配となる。

 会社リリースによる月次売上動向(前年比、速報値)を見ると、全店ベースでは3月が140.7%、4月が109.8%、5月が108.1%、6月が118.6%、既存店ベースでは3月が133.1%、4月が104.9%、5月が105.4%、6月が115.5%となり、好調な模様である。

 株価の動きを見ると、4月10日の年初来高値33万9500円から反落して、5月18日には一時20万円台を割り込む場面もあった。しかし反発して足元では25万円近辺で推移している。週足チャートで見ると、下値を切り上げて26週移動平均線を回復する場面もあり、戻り歩調の展開のようだ。

 6日の終値23万9000円を指標面で見ると、今期予想PER(会社予想のEPS2万7293円89銭で算出)は8〜9倍近辺、今期予想配当利回りは3%台、実績PBR(前期実績のBPS15万0013円17銭で算出)は1倍台半ばとなる。

 指標面には割安感があり、当面のターゲット水準は7月17日に付けた直近の戻り高値28万4800円近辺だろう。好業績を評価すれば30万円台回復も視野に入りそうだ。(本紙・シニアアナリスト水田雅展)

>>ハブのMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:59 | アナリストの眼