株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2012年10月18日

【株式評論家の視点】クリナップ株価、500円前後固め出番近い、通期再増額が有力に

<銘柄の見所>

株式評論家の視点 クリナップ<7955>(東1)は、500円前後をしっかり固めてきたことで出番が近い。フラット35Sや住宅エコポイント等の政策効果及び震災復興需要等により、新設住宅着工戸数は持ち直しの傾向を強めている。つれて、同社のシステムキッチン「クリンレディ」や、システムバスルーム「アクリアバス」などが好調に売上げを伸ばしている。

 今2013年3月期の第1四半期は営業利益8億9800万円(前年同期9億5000万円の損失)と様変わりの好転となった。つれて9月中間決算の営業利益を従来の6億2000万円から12億5000万円(前年同期比2.4倍)へ引き上げた。

 同時に通期の営業利益の見通しも24億円から26億5000万円(前期23億7000万円)へ増額した。しかし中間決算の増額幅6億3000万円に対し、通期のそれは2億5000万円に過ぎない。明らかに通期の増額については不足感が強く、11月6日の中間決算発表時には再増額が有力だ。見直し買いが回るのは近い。(株式評論家・隆盛)

>>クリナップのMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:31 | 株式評論家の視点