株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2012年10月27日

【注目のリリース】ピエトロは上期で通期利益予想の7割を確保し注目余地

■薄商いのため株主優待など念頭に安定投資向き

 ドレッシングやパスタソースなどのピエトロ<2818>(東2)は27日の大引け後、第2四半期の業績予想(4〜9月・上期)を売上高を除いて増額修正し、連結営業利益は従来予想の2.2億円を約36%上回る3.0億円に、純利益は同42%上回る1.35億円に引き上げた。主力のドレッシング商品が順調に推移し、販促費の削減や原価低減などが要因。売上高の予想は、パスタ関連商品の伸び悩みなどにより、約10%下方修正した。決算発表は「10月下旬」の予定。

 今3月期の予想は修正しなかったものの、営業利益は上期で通期予想の65%を確保し、純利益は同75%を確保したため、注目余地が広がった。通期の連結業績予想は、第1四半期の発表段階で、売上高が前期比2.1%増の113億円、営業利益が同3.0%増の4.6億円、純利益が同10.6%増の1.8億円。予想1株利益は32円19銭。レストラン事業の月次推移をみると、既存店の9月売上高は前年同月比6.1%増加し、3ヵ月ぶりに増加するなど堅調。10月26日付けでは「食べるスープ」を発表した。

 週末の株価終値は855円(前日比変わらず)。4月以降は850円前後を下値に底堅く、横ばい推移。薄商いのため、短期的な値幅狙いの機動的な売買には向かない銘柄。通期予想が上ぶれる可能性や株主優待などを念頭に、長期安定投資として好適といえる。料理レシピサイトも結構、評判のようだ。


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:46 | 株式投資ニュース