スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2012年11月07日

【編集長の視点】ハブ株価に逆張り妙味、「スポーツ・イベント」目白押し効果

<銘柄ウオッチ>

編集長の視点 ハブ<3030>(JQS)は、100円高と続伸して寄り付いたあと4100円安の28万3000円と反落している。前日ザラ場に29万円の戻り高値をつけただけに、利益確定売りが交錯しているが、きょう7日から同社各店舗で開催を予定しているスポーツ・イベントが、目白押しとなっているだけに、同社の月次売上高、今2月期業績への好波及も期待され、下値逆張り妙味を示唆している。

 同社店舗で予定しているスポーツ・イベントは、きょう7日のフットサル・ワールドカップの日本−リビア戦を皮切りに、14日のサッカー・ワールドカップ最終予選の日本−イラク戦、11月16日のプロ野球・侍ジャパンマッチの日本−キューバ戦、さらに昇格・降格が決まるサーカー・Jリーグの各クラブの最終戦などと続く。

 同社業績は、各店舗で毎月実施するカクテルキャンペーンなどのキャンペーン効果とスポーツ・イベト効果が、既存顧客のリピート来店や新規顧客の開拓につながっており、月次売上高は、今期に入って既存店・全店とも連続プラスとなっている。

 このため7月に今2月期第2四半期累計業績、通期業績とも上方修正したが、2Q累計業績はこの上方修正値を上ぶれ、前年同期比15%増収、38%経常増益、73%純益増益となった。

 2月通期業績は上方修正値を据え置き、連続増収、連続経常増益を予想、純利益は、3億4000万円(前期比24%増)と連続して過去最高を更新する。

 株価は、前期業績の再上方修正・再増配をテコにつけた年初来高値33万9500円から、いったん19万8500円まで調整したが、月次売上高の続伸、今期業績の上方修正・期末配当の増配などで下値を切り上げ戻り高値を更新、調整幅の3分の2戻しを達成してきた。なおPERは10倍台、配当利回りも2.6%と割安であり、全値戻しの年初来高値奪回に弾みをつけよう。(本紙編集長・浅妻昭治)

>>ハブのMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:56 | 編集長の視点