株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年03月02日

平和不動産が上方修正で反発、フィデリティ投信の保有も分かる

 平和不動産<8803>(東1)が、2円高の775円と4日ぶりに反発している。前日の2007年3月期連結決算の上方修正発表を好感している。連結経常利益が従来予想を12億円上回る80億円(前期比6%増)を見込む。都市部を中心とした不動産価格の高騰の恩恵を受け、開発したオフィスビルと賃貸用マンションが当初予想以上の高値で売却できたためとしている。
 また、2月22日に財務省に提出された大量保有報告書によれば、フィデリティ投信が732万6500株(5.15%)保有したことが分かっている。同投信が主力商品「日本成長株ファンド」の運用体制を見直すことが報道されている。これまで一人のファンドマネジャーが運用していたが、新たに2―4人の担当者をつけ、投資資金の流入で残高が拡大、保有銘柄も増えているのに対応するとしており、同投信の保有銘柄に関心が集まろう。


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:27 | 株式投資ニュース