スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年03月06日

岩井証券は反発。証券セクターは市場の好転と日興TOBで大賑わい

 岩井証券<8707>(東1)は反発。30円安の1952円で始まったが、寄り後は2165円まで買われた。東証1部値上り率上位にランクインした。
 今朝は日経平均株価が一時、1万6700円台まで戻すなど、地合いが好転している。そのため、東証1部業種別株価指数では、「証券」セクターが値上り率上位となっている。また、日興コーディアルグループ<8603>(東1)が米シティグループのTOBで大幅反発しており、その連想や思惑から証券セクターが賑わっているもようだ。
 そのなかで同社株も反発、日足では今のところ、長めの陽線が出現している。
 中期チャートを見ると、2006年11月につけた上場来安値1354円から反発、続伸してきていた。ここ数日は、市場のツレ安で押し目が入っていた。
 反発したとはいえ、現在の株価でPERは10倍台、PBRは1倍台と割安水準。買い時ではある。


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:29 | 株式投資ニュース