株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2014年03月25日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】日本アジアグループは売られ過ぎ感強く反発のタイミング

 社会インフラ関連やメガソーラー関連の日本アジアグループ<3751>(東マ)の株価は軟調展開だが、収益改善基調を評価すれば売られ過ぎ感が強く反発のタイミングだろう。多彩なテーマ性や指標面の割安感も支援材料だ。

 インフラ・環境・エネルギーにグループ経営資源を集中し、空間情報コンサルティング事業(国際航業の防災・減災・社会インフラ関連事業)、グリーンプロパティ事業(土壌・地下水保全コンサルティング、戸建住宅・不動産関連、太陽光発電施設設計施工など)、グリーンエネルギー事業(欧州と国内での太陽光発電所開発・運営・売電)、ファイナンシャルサービス事業(日本アジア証券などの証券業)を展開している。

 震災復興・防災・減災・社会インフラ更新関連、メガソーラー関連、環境・エネルギー関連などテーマ性は多彩である。傘下の国際航業は上下水道分野で13年6月にメタウォーター、13年11月に水道機工<6403>と業務提携し、14年2月にはAMEC Asiaと業務提携して除染業務おける放射線計測技術を強化した。

 今期(14年3月期)の連結業績見通し(2月13日に売上高と営業利益を2回目の増額修正、経常利益を増額修正)は、売上高が前期比14.9%増の740億円、営業利益が同2.5倍の38億円、経常利益が同3.9倍の26億円、純利益が同44.5%増の15億円としている。空間情報コンサルティング事業の受注拡大と生産性向上、国内外の株式市場の活況を背景とするファイナンシャルサービス事業の収益拡大が牽引して大幅増収増益見込みだ。

 空間情報コンサルティング事業は公共投資関連であり、第4四半期(1月〜3月)の構成比が高い収益構造を考慮すれば、通期営業利益は3回目の増額の可能性があるだろう。また純利益については法人税負担や特別損益の影響を精査中のため据え置いているが、営業利益3回目の増額の可能性に加えて、円安に伴う営業外収益での為替差益なども考慮すれば、通期純利益も増額の可能性があるだろう。

 空間情報コンサルティング事業は防災関連の公共投資増加が追い風であり、グリーンエネルギー事業はメガソーラー開発・運営の積み上げで、国内売電収入の拡大期入りおよび収益化が接近している。中期的に良好な事業環境を背景に収益拡大が期待される。

 株価の動きを見ると、戻り高値圏900円台から反落後は水準切り下げの展開となり、全般地合い悪化も影響して2月4日に474円まで急落する場面があった。その後一旦は670円台まで戻す場面があったが、足元では500円近辺まで水準を切り下げている。ただし収益改善基調を評価すれば売られ過ぎ感が強く、2月安値に接近して調整のほぼ最終局面だろう。

 3月24日の終値500円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS57円35銭で算出)は8〜9倍近辺、実績PBR(前期実績に株式10分割を考慮した連結BPS744円59銭で算出)は0.7倍近辺である。日足チャートで見ると、25日移動平均線に対するマイナス乖離率が14%台に拡大して売られ過ぎ感を強めている。指標面にも割安感が台頭している。収益改善基調や割安感を評価すれば売られ過ぎ感が強く、反発のタイミングだろう。

>>日本アジアグループのMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 07:23 | アナリスト水田雅展の銘柄分析