株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2014年06月13日

【株式市場】SQ算出日にNY株続落し日経平均は安いが材料株物色は活発

◆日経平均の前引けは1万4878円00銭(95円53銭安)、TOPIXは1230.58ポイント(7.17ポイント安)、出来高概算(東証1部)は15億3950万株

 13日前場の東京株式市場は、日経平均が朝方に142円54銭安の1万4883円60円まで下落し、その後も100円安前後で一進一退。3カ月に1度の先物、オプション同時SQ(特別清算値)算出日の中、イラク情勢の緊迫化などによりNY株式が2日続けて100ドル強の下げとなったため、SQ関連の売りが増幅された。

 このため材料株に資金がシフトし、原油高を材料に共栄タンカー<9130>(東1)などが高く、カーリットHD<4275>(東1)は本日発売の季刊会社情報誌での好評価や飲料充填事業の拡大期待などからストップ高。

 東証1部の出来高概算は15億3950万株。また、業種別指数は33業種のうち4業種が値上がりし、鉱業、鉄鋼、繊維製品、情報・通信が高い。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:09 | 今日のマーケット