株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2014年06月14日

【相場熟者が答える投資相談】アドウェイズの売場を逃してしまいました

■ アドウェイズを2600円で200株持っています。売場を逃しました、アドバイスお願いします(千葉県・N)

相場熟者が答える投資相談 【問い】 アドウェイズ<2489>(東マ)を2600円で200株持っています。売り場を逃してしまったような気がしますので、アドバイスをよろしくお願いします。

■ 大手証券の判断引下げを嫌気して下げる、買値近辺までの戻り待って売却を

 【答え】 アドウェイズは、6月13日(金)、83円安(−4.71%)の1880円と3営業日ぶりに反落しています。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が12日付で投資判断を新規に「アンダーパフォーム」、目標株価を1100円としたことを嫌気した売りに押されました。

 同証券では、成果が明確なアフィリエイト広告は中期で安定成長が見込めるネットサービスであるものの、「LINEフリーコイン」での利益機会は株式市場が期待する程は大きくないと指摘してます。LINEが「LINEフリーコイン」枠をコントロールし、同社は代理店の1社という位置づけを考えると、LINEでのリワード広告販売による大きな利益予想は織り込み難いとの見方を示しています。

 足元の業績、前2014年3月期業績は、スマートフォンを中心とした国内広告事業が好調に推移し、売上高315億2100万円(前の期比39.2%増)、営業利益8億4700万円(同2.1倍)、経常利益8億4000万円(同2.0倍)、純利益5億5100万円(同81.4%増)と大幅増益でしたが、従来未定としていた前期の期末一括配当は見送っています。今15年3月期の業績見通しは非開示ですが、開示が可能となった時点において速やかに開示する予定です。

 株価は、昨年12月高値3345円から本年5月21日の年初来安値1177円まで65%調整し三段下げを終了。LINEが、日米同時上場も検討すると伝わったことを手がかりに、6月4日高値2168円まで上昇し、上げ一服となっています。目先の戻りのメドとなる2月25日高値2155円を上回ったことで戻り一巡感が出ています。2500円前後には戻り待ちの売りが控えていますので、日柄調整に入る可能性があります。ただ、業績が順調に推移していると予想されますから、第1四半期決算に対する期待感があるほか、LINEの上場スケジュールが明らかになれば、動意付くと思われますから、買値近辺までの急騰場面を待って売却を考えるところでしょう。(株式評論家・摩周湖)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:26 | 株式投資ニュース