IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2014年11月06日

Jトラスト:亜洲キャピタル(韓国)株式売却で優先交渉権

■自動車ローンなど割賦金融の大手企業の74.1%取得へ

 金融事業中心に不動産やアミューズメント事業などを展開するホールディングカンパニー Jトラスト<8508>(東2)は、亜洲キャピタル株式会社(本社:大韓民国大田広域市、代表者:李胤鐘氏、2013年12月決算現在資本金2877億ウォン=約287億円)の株主である亜洲産業(株)、亜洲モーターズ(株)、文景會氏(売渡人)から、3氏が保有する株式(42,652,460株、74.1%)を売却することについて、同社に優先交渉権が与えられたと発表した。今後同社は、売渡人と諸条件について協議に入る。

 亜洲キャピタルの事業内容は自動車割賦金融業、自動車リース業、その他金融サービス業などを展開し、自動車ロー事業は韓国内第2位のシェアを占めるといわれる。

 直近業績である2013年12月期決算時業績並びに財政状態は、売上高63,328百万円、営業利益2,040百万円、当期純利益1,573百万円。純資産66,184百万円、総資産527,484百万円。

 同社海外事業として韓国内には、1)消費者を対象とした無担保貸付および不動産担保貸付による証書貸付3社、2)貯蓄銀行業務1行を有しているが、このたびの自動車ローン事業を中心とした貸付業務を行っている亜洲キャピタルを傘下に収めることで、存在感も高まり収益基盤も拡大する。ただ、マーケットの似通った事業展開となることから、収益力強化へ向けた業務運営効率化などを視野にグループ内での組織再編への取り組みも課題となろう。

>>JトラストのMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:07 | IR企業情報