IRセミナー
5/30(火)=マーキュリアインベストメント、JPホールディングス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年01月16日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】陽光都市開発は調整一巡、収益改善基調や中期成長に向けた積極投資を評価

 投資用マンションの陽光都市開発<8946>(JQS)の株価は、14年11月高値291円から反落して水準を切り下げたが、収益改善基調であり、財務基盤強化や中期成長に向けた積極投資も評価材料だ。調整が一巡して反発のタイミングだろう。

 投資用マンション「グリフィンシリーズ」の企画・販売事業を一旦縮小し、不動産管理・賃貸・仲介事業のストック型フィービジネスへの事業構造転換で収益基盤を強化した。13年8月にアパマンショップホールディングス<8889>の子会社アパマンショップネットワークとFC加盟契約を締結し、13年10月にはストライダーズ<9816>と資本業務提携した。

 中期成長に向けて、上海市など中国の主要都市でワンルームマンション賃貸や管理受託など不動産関連事業を展開する。14年2月に香港柏雅、および子会社でサービスアパートメント運営・管理コンサルティングを展開する柏雅酒店管理(上海)のベルグラビアグループを連結子会社化(上海柏雅投資管理は14年6月売却)した。14年7月には香港柏雅の子会社として陽光智寓(香港)を設立した。

 そして11月には、15年後半に開業予定の世界有数の大型テーマパークから約5km圏内に位置する上海市周浦エリアにおいて、周浦印象春城サービスアパートメント1棟(220戸)の管理受託契約を締結した。12月には陽光智寓(香港)が中国上海市で新規事業の実務を行うため上海陽光智寓を設立した。

 前期(14年12月期)の連結業績見通し(10月17日に増額修正)は売上高が前々期比2.0倍の21億40百万円、営業利益が同45.4%増の1億53百万円、経常利益が同2.3倍の1億40百万円、純利益が同2.2倍の1億20百万円としている。

 第3四半期累計(1月〜9月)は新築投資用マンション36戸引き渡し、およびビジネスホテル1棟の売却が牽引し、ベルグラビアグループの新規連結も寄与して前年同期比2.4倍増収、73.8%営業増益、2.6倍経常増益、2.5倍最終増益だった。通期見通しに対する進捗率は売上高88.7%、営業利益100.0%、経常利益116.4%、純利益119.2%で、利益は通期見通しを超過達成している。今期(15年12月期)も不動産管理事業の着実な拡大に中国事業も寄与して収益改善基調だろう。

 なお徳威企業発展有限公司(上海)およびストライダーズによる当社新株予約権行使などで14年9月末の自己資本比率は41.8%、1株当たり純資産(BPS)は65円16銭となり、13年12月末の自己資本比率9.0%、BPS19円92銭に対して財務基盤が大幅に改善している。財務基盤強化によってM&Aの積極化や不動産販売事業の再構築も目指す方針だ。

 株価の動きを見ると、14年11月高値291円から反落して水準を切り下げた。ただし200円台を割り込むことなく下げ渋り感を強めている。調整が一巡したようだ。

 1月15日の終値206円を指標面で見ると、前期推定連結PER(会社予想の連結EPS9円79銭で算出)は21倍近辺、実績PBR(前期第3四半期末実績の連結BPS65円16銭で算出)は3.2倍近辺である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線を割り込んだが、52週移動平均線がサポートラインとなって下げ渋り感を強めている。収益改善基調であり、財務基盤強化や中期成長に向けた積極投資も評価材料だ。調整が一巡して反発のタイミングだろう。

>>陽光都市開発のMedia−IR企業情報

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | アナリスト水田雅展の銘柄分析