IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年03月05日

【アナリスト水田雅展の銘柄分析】神鋼商事は調整一巡、今期利益増額の可能性や指標面の割安感を評価して14年9月高値試す

 鉄鋼・非鉄金属関連商社の神鋼商事<8075>(東1)の株価は、直近安値圏250円〜260円近辺での調整が一巡して切り返す動きだ。今期(15年3月期)利益見通し増額の可能性、低PERや低PBRといった指標面の割安感を評価して14年9月高値285円を試す展開だろう。

 鉄鋼製品、鉄鋼原料、非鉄金属、機械・情報、溶接材料・機器などを扱う商社である。13年6月発表の中期経営計画(14年3月期〜16年3月期)では、神戸製鋼所<5406>グループの中核となるグローバル商社を目指し、数値目標として16年3月期売上高1兆円、経常利益90億円、海外取引比率40%以上を掲げている。14年7月には筒中金属産業が新設分割で設立した国内卸売事業会社の株式70%を取得して子会社化した。

 また14年9月には、メキシコにおける線材二次加工拠点となる合弁会社を設立した。出資比率は当社40%、メタルワン25%、神戸製鋼所10%、大阪精工10%、メキシコGrupo Simec10%、米O&k American5%で15年末稼働を予定している。メキシコは世界の自動車・自動車部品メーカーの進出で自動車関連産業の成長が期待されており、自動車用ファスナーや冷間鍛造部品などの素材となる冷間圧造用鋼線を製造する。

 今期(15年3月期)の連結業績見通し(1月30日に売上高を減額修正、利益を据え置き)は、売上高が前期比2.6%増の8630億円、営業利益が同22.0%増の70億円、経常利益が同20.3%増の64億円、純利益が同26.6%増の40億円、そして配当予想(4月28日公表)が前期と同額の年間6円(第2四半期末3円、期末3円)としている。

 第3四半期累計(4〜12月)は前年同期比2.3%増収、同20.3%営業増益、同27.5%経常増益、同67.0%最終増益と好調に推移した。純利益は固定資産売却益も寄与した。四半期別推移を見ると、売上高は第1四半期(4月〜6月)2140億42百万円、第2四半期(7月〜9月)2124億16百万円、第3四半期(10月〜12月)2140億78百万円で、営業利益は第1四半期14億90百万円、第2四半期15億55百万円、第3四半期18億28百万円と好調に推移している。

 そして通期見通しに対する第3四半期累計の進捗率は売上高74.2%、営業利益69.6%、経常利益74.1%、純利益76.8%と概ね順調な水準である。通期ベースでも、世界的に自動車生産が高水準であることに加えて、半導体などエレクトロニクス産業の生産回復や、国内の建設需要拡大なども追い風となり、鉄鋼セグメントや非鉄金属セグメントを中心として好調に推移するだろう。

 また設備投資関連は第4四半期(1月〜3月)の構成比が高いことや、ドル高・円安が進行していることなどを考慮すれば、通期の利益見通しに増額の可能性があるだろう。グローバル展開の強化で中期的にも収益拡大基調が期待される。

 株価の動きを見ると、14年9月高値285円から一旦反落してモミ合う展開だったが、直近安値圏250円〜260円近辺での調整が一巡して切り返しの動きを強めている。

 3月4日の終値271円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS45円17銭で算出)は6倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間6円で算出)は2.2%近辺、前期実績PBR(前期実績の連結BPS399円53銭で算出)は0.7倍近辺である。

 週足チャートで見ると13週移動平均線と26週移動平均線を一気に突破した。調整が一巡して強基調に転換した形だ。今期利益見通し増額の可能性、低PERや低PBRといった指標面の割安感を評価して、14年9月高値285円を試す展開だろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:18 | アナリスト水田雅展の銘柄分析