株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年03月19日

日本アジアグループ:小水力発電の実証事業に採択(インド)

■傘下の「シーベル社」〜NEDOの国際関連事業〜

 グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ<3751>(東マ)傘下のシーベルインターナショナル株式会社(以下、「シーベル」)は、双日マシナリー株式会社(本社:東京都千代田区)の支援を得て、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業」の公募で提案していた、インドでの「火力発電所放流渠を活用したマイクロ水力並列配置発電システム技術実証事業」が、実証前調査のテーマに採択されたと発表した。

aji11.jpg
プロジェクト現地写真

 このたびNEDOが、インド国内での実証事業でシーベルを採択した理由は、同社の技術力が高く評価されたことに加え、2年間の実証事業と並行して、「ストリーム」を現地生産化し、用水路の全長80,000kmといわれるインド国内でのマーケティングを開始するなど、実証実験後、同国での小水力事業の事業化に向けた、グループを挙げての取り組みが評価されたためと思われる。

■「ストリーム」の優位性を活用し、グループ総力を結集し取り組む

 この事業について日本アジアグループは、「これまで超低落差型マイクロ水力発電システム(商品名:ストリーム)の優位性を活用して、国内外で数多くの実績を重ねてまいりました。インドにおける火力発電所の放流渠等を対象にしたこのシステムの市場拡大を視野に入れて、実証前調査に臨みます。これからも『ストリーム』の普及拡大に向け、日本アジアグループの総力を結集して取り組んで参ります。」と話す。

【スモールハイドロストリームについて】

 本システムは、シーベルの研究開発で発明された、流水式の小水力発電システムで、落差を利用する従来のシステムとは異なり、落差が無い水路や3m以下の低落差水路で最適化されたシステム。

aji12.jpg

『特徴』

・従来の水力発電では難しい超低落差の水路(農業用水路、上下水道、工場排水等)にも設置可能。
・既存水路の改変不要、土木・設置工事が容易かつ安価で、工事期間も3日間程度と短い。
・分散型の電源インフラとしても機能。災害等の非常時には緊急電源としても転用可能。
・徹底した標準化とユニット化により低コスト化を実現。地元企業でも保守メンテナンスが可能なシンプルな設備。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:48 | 新製品&新技術NOW