スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年04月15日

鉄人化計画の第2四半期は減収ながら大幅増益、株価の一段高が予想される

■全事業共に収益の改善が実現

 鉄人化計画<2404>(東2)の14日の引け値は、前日比7円安の520円であった。引け後発表された、今期15年8月期第2四半期連結業績は、減収ながら大幅増益となったことから、株価の一段高が予想される。

 第2四半期連結業績は、売上高50億03百万円(前年同期比1.7%減)、営業利益2億33百万円(同211.7%増)、経常利益2億70百万円(同380.9%増)、純利益1億75百万円(前年同期△26百万円)と大幅増益で最終利益は黒字転換となった。

 同社の事業は、カラオケルーム運営事業、フルサービス型珈琲ショップ運営事業、CP事業、その他の事業を運営している。

 カラオケルーム運営事業の売上高は、41億87百万円(前年同期比0.9%減)となったもののセグメント利益は4億74百万円(同45.9%増)と大幅増益となった。新規出店を抑制し、店舗数は減少したものの、既存店の売上高が101.6%となるなど収益の改善が実現したことによる。

 フルサービス型珈琲ショップ運営事業は、徹底した接遇サービスの向上に注力した結果、既存店売上高が106.3%となり、更に設備投資抑制によるコストダウン効果もあったことで、売上高3億98百万円(同3.9%増)、セグメント利益15百万円(同177.2%増)と大幅増益となった。

 CP事業は、効率的なサイト運営を行った結果、売上高は1億72百万円(同25.5%減)となったものの、セグメント利益は1億11百万円(同27.9%増)と大幅増益となった。

 その他の業績は、売上高3億56百万円(同24.4%減)、セグメント利益17百万円(前年同期△0百万円)と減収ながら黒字転換となった。

 全事業共に収益の改善が進み、大幅増益となったことで、第2四半期配当は前回予想通りの5円50銭を決議した。通期では、期末5円50銭を予想していることから、年間配当11円(前期4円50銭)と6円50銭の増配となる。

 14日の引け値ベースの株価指標は、PER(予想)9.64倍、PBR(実績)1.91倍、配当利回り2.12%。

 収益改善が実現したことから、3月26日の年初来最高値560円越えが予想される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:51 | 決算発表記事情報