スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年05月18日

クレディセゾンが下げ幅を拡大し年初来安値を更新

 クレディセゾン<8253>(東1)が、180円安の3320円と前日と変わらずを挟んで6日続落、一時3170円まで下落し3月8日につけた年初来安値3280円を更新している。前日に2007年3月期の連結決算と併せて08年3月期業績予想を発表、前期は過払い金の返還請求に備えた引当金を特別損失として計上した影響で純利益は148億2100万円と前の期に比べ64.9%の大幅減益になった。今期は純利益が前期比75.4%と回復するものの、営業利益が564億円と前期比25.1%の大幅減益予想となっており、失望売りが膨らみ下げ幅を拡大している。戻り売りの動きがしばらく続きそうだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:57 | 株式投資ニュース