IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年07月15日

マルマエ:6月度受注残高、年間最高12月と並ぶ(月次概算)

■半導体・受注出荷検収が好調、FPD・受注高水準維持で業績アップに貢献

 精密部品加工マルマエ<6264>(東マ)の15年8月期第3四半期(14年9月〜15年5月)業績は、売上高1,582百万円(前期比33.2%増)と好調で、利益も営業利益311百万円、経常利益304百万円、累計純利益316百万円は前年同期に比べ倍増となる好調さで推移している。

 こうした好業績を踏まえ、同社上場(06年12月)後初となる配当、1株当たり36円を実施することを決めた。

 通期業績は、15年6月5日に上方修正した予想を据え置いたが、第3四半期実績は、通期見込みに対する進捗率が、売上高75.3%をはじめ、営業利益77.8%、経常利益79.0%、当期純利益80.0%と、巡航速度を上回る状況である。

 さらに、同時発表した6月度の受注残高も、全体では過去1年間の最高であった昨年12月と並ぶ386百万円となり、前年同月比73.5%、前月比4.8%増加しており、第4四半期での業績上乗せ期待が高まっている。

 6月度受注残高の分野別状況は、半導体分野は受注・出荷検収は好調に推移し、残高171百万円と対前月で8.7%増、前年同月比では93.0%増とほぼ倍増し、FPD分野も受注は対前月比2.0%減ながら高水準を維持し、前年同月比では163.3%の大幅増加の187百万円となった。また、その他分野は、3月以降の経過を維持し、対前月比40.3%増、前年同月比57.0%減の26 百万円であった。

 今後の見通しについて同社は「半導体分野、FPD分野ともに高水準の受注が持続する見通しであり、その他分野でも断続的にリピート受注を確保できる見通しを持っております 。また、全般的には、半導体関連の真空パーツを中心に新規部品の受注拡大が続いており、生産能力を高めることで出荷拡大を図ります 。」と話している。

111.jpg


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:20 | IR企業情報