スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年08月14日

【狙い場・買い場】平山は上場後の調整最終局面、資産株評価高く中期絶好の狙い場

 7月上場の平山<7781>(JQ・売買単位100株)の調整場面は中期狙い場とみてよいだろう。

<株価の歩みと位置>

 今年7月10日の新規上場では初値2758円に対し同日に2783円まで値を上げた。その後は新規公開銘柄に付きものといえる寄り後の上場人気一巡感から売りが先行、調整の展開となっている。

 14日は、前日発表の決算が好調だったものの好材料表面化というマーケット独特の動きから229円安の2031円とストンと下げ上場後の安値となっている。高値に対し約7合目水準である。

<注目理由>

 上場後、調整が付きものである一方、上場後の調整は好買い場でもあるということも事実である。調整のまま相場は終わらないからである。上場後の高値から約3割下げ、2000円接近場面は絶好の狙い場とみていいだろう。とくに、今日の売り物は小口で短期筋の処分売り最終局面とみられる。

 13日発表の2015年6月期は、9.0%増収、営業利益18.5%増益と2014年6月期の11.2%増収、営業利益19.5%増益に続く好調な成績だった。とくに、前期配当をマーケット予想の年30円を上回る年35.22円としたことは大いに注目できる。ROEは14.0%と優秀だ。

 直近6月の有効求人倍率1.19倍が示す通り、同社の「請負」、及び、「派遣」の事業環境は非常に明るい。とくに、人材需要の旺盛な輸送用機器、住設関連、食品、事務機器関連などの企業向けを中心に好調が予想される。

 2016年6月期は売上11.4%増の100億1700万円と大台に乗せる。営業利益13.6%増の4億3000万円と連続2ケタ増益で1株利益は149.9円、配当は増配して年37.34円とする予定。

 PERは13.5倍、利回りは1.83%、指標的にも下値不安はないとみていい。ジャスダックでは人気系銘柄というより好収益の資産株としての評価が高いだけに中期投資には2000円接近場面は妙味のある水準といえるだろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:27 | 注目銘柄