スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年05月21日

IR マースエンジニアリング パーソナルPCシステム注目を浴びる

マースエンジニアリングのホームページ パチンコ周辺機器のマースエンジニアリング<6419>(東1)の前07年3月期連結業績は、売上高265億6400万円(前々期比21.2%減)、経常利益54億1100万円(同37.0%減)、純利益29億8000万円(同31.5%減)と大幅減収減益となった。
 パチンコ、パチスロホール経営者は、昨年の風営法改正に伴い、警察指導のもと出玉率の良い旧基準のパチスロ機種の撤去を始めているが、いよいよ今年6月末に設置期限切れとなる。旧基準のスロット機は以後使用が出来ないため、多くのホール経営者は、新機種の入れ替えに備えていて、周辺機器への投資を先送りしている。その煽りを受けて、前期は大幅減収減益となった。
 しかし、ホール経営者は、今後人気の無い新機種を設置せざるを得ないことから、効率的な店舗運営が要求されることになる。そこで注目されているのが、ホール環境、ホール業務、経費削減を可能にした画期的なパーソナルPCシステムである。同社のみが販売していることから、注目を浴びている。前期においても計画通りの販売実績を上げることが出来たことから、今期の売上拡大が期待される。
 今08年3月期連結業績予想は、売上高324億1800万円(前期比22.0%増)、経常利益70億600万円(同29.5%増)、純利益40億2800万円(同35.1%増)と大幅増収増益を見込む。
 21日の株価は2250円と年初来の安値2210円に近づいている。パーソナルPCシステムの販売動向次第では、絶好の買い場かも。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 20:07 | IR企業情報