スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年08月24日

ストリームは今期第2四半期業績を増額修正

■家電製品などの主要商品群が堅調

ストリーム<3071>(東マ)は24日、16年1月期第2四半期累計(2月〜7月)連結業績見通しの増額修正を発表した。

 第2四半期累計の連結業績見通しは前回予想(3月13日)に対して、売上高を15億5900万円増額して前回予想比15.3%増の117億4400万円、営業利益を1億6600万円増額して同3.6倍の2億3000万円、経常利益を1億7700万円増額して同4.0倍の2億3600万円、四半期純利益を1億5200万円増額して同4.0倍の2億300万円とした。

 発表によると、インターネット通販事業では、家電製品、パソコン及び周辺機器・デジタルカメラの主要商品群の販売は前年実績を超え、売上高は堅調に推移している。それにより、粗利率も前年比較で上昇しており、営業利益・経常利益とも計画水準を大きく上回った。また、その他事業では、昨年から開始した都内免税店での店舗販売で、訪日外国人の増加から、幹細胞コスメ「XLUXES(エックスリュークス)」などの化粧品、健康食品の売上が当初予想を上回り、好調に推移した。

 なお、通期の業績予想は、第3四半期以降も順調な売上高の推移が見込まれるものの、「インターネット通販事業」でのシステム投資(サーバー機器の入れ替え等)費用、「各種販売支援事業」での店舗販売費用、「オンラインゲーム事業」での技術・開発者の積極的な採用による人件費の増加等が見込まれることから、前回(3月13日公表)の予想数値を据え置いた。


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:12 | 決算発表記事情報