IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年09月16日

【箱崎幸也の健康増進実践法】大腸がん検診の勧め

■大腸がんは女性にとって大敵、先ずは検便を

ドクター箱崎幸也の健康増進実践法 前月まで膵臓がんや糖尿病の膵疾患ついて説明させていただきました。今月は、現在女性にとって最も大敵な大腸がんについてお話します。

 2013年度のがん死亡数は364,872例(男性216,975、女性147,897)で、男性:女性=3:2でした。女性は男性の約2/3の人しか癌にならないことからも、女性の長寿の原因がここにもあります。長寿女性で最も多いのが、大腸がんです。女性では40歳代では乳がんや子宮がんが多く、高齢になるほどその割合は減少し大腸がん(次いで肺がん、胃がん)が増加します。男性では大腸がんは、肺がん・胃がんに次いで3位です。

 大腸がんは乳がんと同様に発育速度が比較的ゆっくりであり、進行し末期状態になるまで数年の期間があります。この期間内に検診を受けて頂ければ、例え進行がんでも限局していれば手術後に天寿を全うできます。しかし肺や肝転移があれば、手術や抗がん剤などで時間だけでなくお金も多大に費やすことになります。

 我が国はがん検診の先進国ですが、大腸がん検診対象者の約30〜40%しか受診していません。2013年度全国で約600万人が受診し約43万人(7%)が要精検とされ、そのなかから大腸がんが約9,700例(0.16%)発見されています。しかし要精検とされ二次検診の大腸内視鏡検査を受ける人は、60%程度にとどまっています。一次検診の便を2日間提出するだけの比較的簡便な検査から、二次検診はまる1日から2日間を費やす全大腸内視鏡検査とのギャップが大きいのが問題です。この大変さが、大腸内視鏡検査の受診率を妨げています。過去にお腹の手術を受けた方や痩せた女性は、大腸内視鏡検査中かなりの苦痛があるのも事実です。現在大腸内視鏡器機も進歩し、以前検査で苦痛を感じ二度と嫌だと思っている方も、ぜひ大腸内視鏡検査の病院やクリニックの扉を開けて下さい。その前にまずは、一次スクリーニングの2日間の便潜血検査に参加して下さい。(医師・箱崎幸也=元気会横浜病院々長、元、自衛隊中央病院消化器内科部長)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 08:54 | ドクター箱崎の健康増進実践法