IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年09月18日

【狙い場・買い場】アンジエスMGは底打ち確認、再生医療関連、アベノミクス成長戦略で注目

狙い場・買い場 アンジェス MG<4563>(東マ・売買単位100株)は、再生医療関連として注目されそうだ。長期間、相場のなかったことから需給関係もよい。

<株価の歩みと位置>

 2013年5月の1081円を高値に右肩下がり相場が続いている。これまでのマーケット人気が高ROEで増配銘柄を買う相場だったことから同社株などバイオベンチャー銘柄はカヤの外に置かれた存在だったといえる。

 今年になっての動きは1月13日の438円を高値に8月25日には186円まで下げた。9月18日の226円は2013年高値に対し2合目、年初来高値に対しては5合目という位置にある。

<注目理由>

 長期間の下げで日柄、値幅とも完全に底打ちしていることがある。とくに、2013年高値に対し現在の水準が2合目ということからひとたび見直し人気となれば値幅妙味がある。

 次に、大きい理由としては、10月に安倍改造内閣がスタートすることでアベノミクス成長戦略が本格化することがある。同社の手掛ける再生医療はアベノミクス成長戦略の重要テーマの一つである。

 同社の開発中の、「重症虚血肢対象HGF遺伝子治療法」は、血管を再生することで治療する。糖尿病等で足の動脈が閉塞し血液が届けられなくなることから最終的には足を切断しなくてはならなくなるぞ重大な疾患。これを再生医療で直すということから国内外から注目されている。

 今朝の日経新聞では、「再生医療スピード承認」と報道されており、再生医療が成長戦略の重要項目であることが分かる。国内、海外で治験が進み、商人申請が近づいているようだ。

 足元の業績は赤字だが、期待の製品が上市となれば業績を大きく向上させることが期待される。トヨタ自動車など主力銘柄の人気が後退し材料株を物色する人気となりつつあるだけに狙い場といえるだろう。いったん、動き出せば上値も大きいものとみられる。(甘栗)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:44 | 注目銘柄