スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2015年09月30日

カーリットホールディングスの子会社並田機工はスタッド事業を譲受

■並田機工傘下に子会社を設立し承継

 カーリットホールディングス<4275>(東1)は30日午前、10月1日付けで、連結子会社の並田機工(大阪市)は、アジア技研(北九州市)から同社のスタッド事業を譲り受けると発表した。なお、同事業は、並田機工傘下に100%子会社の新会社を設立し承継する。

 カーリットホールディングスグループは、3年後に迎える創業100周年に向けた中期経営計画「礎100」を策定し、今年度からスタートした。「礎100」は次の100年企業となるための礎となる事業基盤の確立を目指すもので、基本戦略として成長基盤強化、収益基盤強化、グループ経営基盤強化の3つに取り組んでいる。

 今回の事業譲受により、新たにスタッド市場を事業領域に加え、アジア技研が築いてきたブランド価値を活かしながら、グループの海外拠点を活用した一層の販路拡大、産業用部材事業の基盤強化、拡大を目指していく。

【事業を譲渡する会社の概要】
名 称:アジア技研株式会社
代表者の役職・氏名:代表取締役社長 溝口純一
事業内容:スタッド及び溶接機械製造販売等
資本金:5,556万円
2015年3月期売上高(実績):4億6,879万円

【設立する新会社の概要】
名 称:アジア技研株式会社
所在地:大阪市大正区小林西一丁目13番13号
代表者の役職・氏名:代表取締役会長 木村昌利
事業内容:スタッド及び溶接機械製造販売等
資本金:1,000万円
設立年月日:2015年9月16 日
株主構成:並田機工100%


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:24 | IR企業情報