株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年01月07日

【今日の言葉】中国が風邪を引けば日米は熱が出るのだろうか

tyu111.gif

 『中国が風邪を引けば日米は熱が出るのだろうか』=2016年の相場は大暴落のスタートだ。松飾の取れない間に日経平均は昨年大納会の1万9033円から7日前場では1万7818円まで1215円の急落となっている。下げの理由のほとんどは海外要因といってよいものばかりだ。中国経済の減速、利上げ後の米国景気の停滞懸念、中東問題、北朝鮮の核実験、そしてテロの脅威などである。その中で、とくに、マーケットは中国経済の減速を悪材料視している。

 ということならば、8月に下げた時と同じ理由である。特に、中国経済に明るさが見られない中で中国問題を無視して日経平均は中国ショック安から12月まで3111円も上げていたのだからここに来ての下げは当然でもある。

 理屈からすれば、NYダウも日経平均も昨年夏の中国ショック安水準まで、「往って来い」となっても不思議ではないということになる。そこで、ポイントとなるのは、『中国が風邪を引けば、日米の景気が熱を出すかどうか』にかかっているといえるだろう。世界1位と3位の日米の経済の実力が試される年といえるようだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 12:31 | 今日の言葉