株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2007年05月29日

千代田化工建設は押し目買い好機、この調整場面は絶好の買い場

 千代田化工建設<6366>(東1)のこの調整場面は絶好の買い場になる。
 今3月期について経常利益385億円と前期の367億円に比べ微増の慎重な見通しが明らかになり、失望感を誘っている。
 中東産油国を中心に世界的にエネルギー開発関連投資が急増、前期の受注高は1兆487億円(前期比9%増)と過去最高水準に達している。こうした好環境にもかかわらず弱めの業績予想が出てきたのは資材費の高騰、工事従業者のひっ迫による人件費増などを目いっぱい織り込んだことによるもの。
 従って、調査部サイドでは今期について経常利益は418億円へ増額の可能性が強いと見ている。今期の1株当たり利益は131円。目先筋の売りも一巡の気配が強く、押し目買い模索の好タイミングと見ていい。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:44 | 株式投資ニュース