スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年02月03日

カーリットホールディングスの今期第3四半期は化学品など好調、原価低減もあり営業益は34.4%増に

■今期3月期は営業増益を見込む

 カーリットホールディングス<4275>(東1)の16年3月期第3四半期累計(4月〜12月)の連結業績は、売上高は前年同期比2.7%増の341億39百万円となり、利益面では原価低減効果もあり、営業利益は34.4%増の7億99百万円、経常利益は同27.1%増の8億78百万円、四半期純利益は前期計上した固定資産売却益が一巡して同0.9%減の5億12百万円だった。

 産業部材は事業環境の悪化などが影響したが、化学品の好調やボトリングの営業損益改善が寄与した。

 今期通期の連結業績予想(5月15日公表)は、売上高が前期比1.9%増の470億円、営業利益が同8.4%増の13億円、経常利益が同6.3%増の14億円、純利益が同24.8%減の8億円と営業増益を見込んでいる。


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:44 | 決算発表記事情報