スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年02月15日

アートスパークHDが後場もストップ高買い気配で大幅増益予想など好感

■しばしば同時並行的に動意づいてきたアイサンテクノもストップ高となり思惑再燃

 電子書籍ビューアなどのアートスパークホールディングス(アートスパークHD)<3663>(東2・売買単位100株)は15日、後場も買い気配のままストップ高の1658円(300円高)に張り付いて始まり、本日はまだ売買が成立していない。前売買日の12日に発表した2015年12月期決算で12月期末配当の復配を表明したほか、今期・16年12月期の業績予想を営業利益3.6倍、純利益7.7倍などとしたため期待が高揚した。

 同社は15年11月から自動運転関連技術への取り組みなどが材料視されて動意を強め、800円前後から1月初旬には2995円まで急騰する相場を演じた。直近はこの上げ幅の3分の2押しの水準になる1530円前後を割り込んだが、本日の急伸によりテクニカル的な注目度も再び強まったとの見方が出ている。なお、しばしば同時並行的に動意づいてきたアイサンテクノロジー<4667>(JQS)も本日はストップ高となり、再び思惑を呼んでいる。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:13 | 株式投資ニュース