IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年02月19日

【今日の言葉】直前4Qに続いて1QのGDPに暗雲

 『直前4Qに続いて1QのGDPに暗雲』=日本の今年1月の貿易収支が発表され、輸出から輸入を差し引いた額は約6459億円の赤字だった。中国向け輸出が約18%減少、頼みのアメリカ向けも約5%減少という。原油価格下落で輸入にはプラスとなっているはずだが、それ以上に輸出環境が悪化しているという姿である。

株式マーケットにとっては、昨年10〜12月(4Q)のGDPがマイナス1.4%(年率)に続いて、今年1〜3月(1Q)についても期待できないということである。GDPがマイナスなら、当然、企業業績にも影響が及ぶことが予想され、EPSの減少や減配にもつながりかねない。1QのGDPは5月中旬発表の予定で、折りしも5月は3月期決算の発表時期と重なっており、日経平均にとってはかなりのプレッシャーとなりそうだ。むろん、5月のGDP及び決算発表までは時間的余裕があるため、このまま相場が下げることはないだろうが、これまで以上に内外景気の動向には敏感となる展開だろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:18 | 今日の言葉