IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年02月25日

【どう見るこの株】ユニクロことファーストリテイリングの行方

■高値から4.9合目まで下山、中期展望微妙だが、日銀の緩和含みで短期有望

 ユニクロのファーストリテイリング<9983>(東1・100株)が安値圏で推移している。去る、17日に昨年来安値3万0720円をつけたあとほとんど戻すことなく弱い展開で24日は3万1170円まで下げ昨年来安値に450円と接近している。仮に、3万円台を割り込めば2013年6月以来、ほぼ3年ぶりとなるだけに今後の動きが注目される。

 言うまでもなく同社株は日経平均寄与度NO1の銘柄。アベノミクス始動時点の1万8700円前後から2015年7月の6万1970円まで3.3倍に上昇、この間の日経平均の2.2倍を大きく上回った。そして、現在は高値に対し約4.9合目まで下山、同じ比較で日経平均の7.1合目を大きく上回る下げとなっている。

 背景には、紹介の通り3.3倍上昇に対する調整が考えられるほか、暖冬の影響、利上げ後の米国消費景気の行方などがあるものとみられる。今8月期・第1四半期(9〜11月)は前年同期比で営業利益が16.9%減益だった。前期の第1四半期は39.9%の大幅増益だったから落ち込みの大きさが目を引く。今8月期通期では9.4%の営業増益、EPS1079円の見通しだが、株価の弱い動きからみると通期予想に対し警戒的な見方があるように思える。

 このため、第2四半期決算発表予定の4月7日が株価にとって大きいポイントとなるだろう。仮に、芳しくない内容なら月足が24カ月線を切って売り転換線となっているだけに一段安に進む可能性はある。

 ただ、短期的には高値から大きく下げていることで自律反発の見込めるタイミングだろう。とくに、3月にも日銀の金融緩和の可能性が囁かれており、実現すれば日経平均寄与度の側面から上伸に寄与する一番手として注目されることが予想される。3万円接近場面は思い切って仕込んでおくところだろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:38 | どう見るこの株