IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年03月14日

マルマエ:2月受注残減少、出荷検収好調が要因

■社内生産力増強・協力企業で生産性アップ奏功

 半導体・FPD製造装置用の真空部品など、精密切削加工のマルマエ<6264>(東マ)は、2月末受注残高を開示し、全体として前月比減少した。

 受注面では、FPDが高水準の受注を維持しながらの在庫が減少したもので、全体として出荷検収が順調に進んだことが受注残減少の要因となった。

 2月末受注残高は、対前月増減率8.1%減、対前年同月増減率12.9%増の304百万円であった。

 分野別状況は、半導体分野は出荷検収が増加した半面受注がやや停滞し、前月末比9.3%減、(対前年同月比44.4%減)の91百万円となった。

 FPD分野は受注増を維持している以上に出荷検収が拡大し、残高は前月に比べ8.5%減したが、前年同月残高に比べ219.1%増の199百万円となり、高い受注水準を維持した。

 その他分野は、大きな変動がなく、対前月末比9.4%増したが、13百万円にとどまった。

■第10世代パネル具体化に備え、"受注品種拡大"を進める。

 同社は、「全般的には、概ね好調な受注状況が続いている。半導体分野では、エンドユーザーの微細化投資に伴う拡大傾向が見込まれる。FPD分野は、携帯端末向けの設備投資は減ることがあっても年末にかけ有機EL向け受注の拡大が見通せることと、テレビ向け第10世代大型パネル製造装置の具体化があり、当社は"受注品種拡大"を進める。大型真空パーツでは、協力企業選定を進めて生産性を改善し、半導体分野などの小型真空パーツでは試作受注を増やし今後の受注拡大を図る。」と話している(同社取締役管理部長藤山敏久氏)。

分野別 過去一年間の四半期売上高と月次受注残高の推移
11.jpg


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:52 | IR企業情報