IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK
7月7日(土)=クレスコ、ハウスドゥ、シンデン・ハイテックス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年03月29日

【銘柄紹介】アジュバンコスメジャパンはヘアケアとスキンケアが主力、株価900〜1000円でモミ合う

 アジュバンコスメジャパン<4929>(東1・100株)は、化粧品の製造・販売。シャンプーなどのヘアケアと、スキンケアが構成比の95%を超える2大カテゴリー。代理店やサロンへの販売の他、一般ユーザーの直接販売を行っている。4980円のシャンプーなど、高品質商品が特徴。

 決算は3月。1月発表の第3四半期決算は、売上34億4000万円(前年同期比+0.6%)、営業利益6億5500万円(▲5.3%%)、経常利益7億2200万円(+0.9%)、純利益4億3200万円(+6.9%)。
ほぼ前年並みの推移だが、サロン業界は顧客単価の下落や来店サイクルの長期化など環境は厳しい。会社の取り組みは、顧客の固定化、カウンセリングの徹底の浸透を営業方針とし、単価下落に対抗する。

 売上は横ばいだが、A・C・S加盟店舗は今期で360軒増加。第3四半期発表時点で7118軒になる。A・C・S加盟店舗とは、商品の案内方法や指導を定めた規約を遵守する店舗のこと。ヘアカラーは26年発売した新規商品。構成比はまだ1%台だが、前年同期に比べ2倍以上の売上。高齢の女性の意識も高く安定した市場。今後の拡大に期待したい。

 株価は、おおよそ900円〜1000円で推移。28日時点の株価932円は、短期的には買いだろう。中期的には様子見が続く展開で1000円のカベが厚そうだ。2014年初頭から1000円台を幾度とつけているが、定着には至っていない。逆に、昨年8月に801円まで下げているが、10月には900円に戻している。

 加盟店の増加や、新規カテゴリーの成長が業績に反映すれば、1000円台の展開も期待できそうだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:53 | 銘柄紹介