IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年05月27日

【業績でみる株価】ヨコレイの第2四半期は大幅増益、進捗率高く通期上振れの可能性大、株価は着実な上昇で1300〜1500円目指す

 ヨコレイ<2874>(東1・100株)の2016年9月期・第2四半期(10〜3月)は柱の冷蔵倉庫事業の売上及び利益好調で、とくに営業利益が前年同期比56.5%増益と好調だった。通期予想利益に対する進捗率が高く、通期上振れる可能性が濃い。株価は14年秋の764円からほぼ26週線に沿った着実な上昇相場だ。足元では4月に高値1122円をつけたあと1030〜1050円でモミ合っている。今期利益の上振れを期待して中期1300〜1500円を目指す相場だろう。

 『冷蔵倉庫事業』と、『食品販売事業』の2つを持つ。冷蔵倉庫事業では、「COOLネットワークのリーディングカンパニーを目指し、食品販売事業では「安定的な利益追求を基本としながらも、強みのある商材を全社的に展開する」ことを掲げている。第2四半期では、「冷蔵倉庫事業」の売上は前年同期に比べ6.0%伸長、同営業利益では28.5%の大幅増となった。前9月期から稼動した4つの物流センターのフル稼働寄与や、推進中の全国ネットワーク化において戦略的な広域営業を進展させた効果による。入庫取扱量、出庫取扱量とも好調で平均保管在庫量が約16.5万トン増加(10.2%)した。

 一方、「食品販売事業」の第2四半期は、売上が前年同期比0.2%減に対し同営業利益は2.5倍の大幅増益だった。連結子会社アライアンスシーフーズの海外事業が起動に乗ってきたことが大きい。

 16年9月期は売上前期比3.4%増の1600億円、営業利益29.1%増の50億円、純益23.1%増の31億円の見通し。営業利益50億円は初であり過去最高。EPSは59.9円、配当は年20円(中間10円)の見通し。第2四半期での営業利益進捗率は57.0%と目安の50%を上回っていることから通期上振れの可能性がある。

 株価は資産株としての雰囲気を持っている。1株純資産1208円が示す通り資産内容は優秀。PER、利回りはほぼマーケット平均並みだが、PBR0.85倍と割り負け。今期の利益上振れを予想すれば1300〜1500円に評価されてよいだろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:29 | 業績でみる株価