IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年05月31日

【今日の言葉】消費税2つの前提

syo1.jpg

 『消費税2つの前提』=2017年春に予定していた消費税10%(現行8%)を2019年10月まで2年半延期することが本決まりとなるようだ。安倍総理が閣僚や党の幹部にその旨を伝え始めていることが報道されている。

 総理は、消費税実施について2つのことを前提としていた。(1)リーマンショックのような大不況がないこと、(2)東日本震災のような大災害が起きないことだった。このどちらかが起きない限り消費税引上げは行うと言ってきた。

 今回のG7で総理は、最初の条件であるリーマンショックを持ち出し、今がリーマンショック前に類似していると強調、消費税延期の理由にしていると受け止められている。しかし、今がリーマンショック前と似ているかどうかについて異論が出されている。素人目にもそれほど景気は悪いとは思えないだけにリーマンショックの言葉には違和感がある。むしろ、素直に東日本震災並みの熊本大地震が発生したことを理由としたほうがよかったのではないだろうか。G7首脳もそうほうが納得したように思われる。

 マーケットは、消費税延期を好感する展開だ。消費税見送りは財政悪化につながるが、「先のことより今が大切」という短期重視のマーケット独特の受け取りのようだ。確かに、今、消費税をやれば消費はいっそう冷え込むものとみられるし熊本大震災の傷が癒えないのに税負担は避けるべきだろう。

 野党からは消費税延期はアベノミクスの失敗というが、そうとは言えない。日経平均は野党政権時代の水準を足元では8500円ていど上回っている。アベノミクスの第1ステージから第2ステージの本格化が遅れているだけのこととみることはできる。

 それだけに、金融の量的緩和を含む思い切った景気対策を打つところにきている。そうでないと消費税を延期する意味がなくなってくる。幸い、内閣支持率は今回のオバマ大統領の広島訪問効果でハネ上がっている。これに、東日本、熊本の復興を本格化させれば参議院選挙での勝利は確実となるだろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:13 | 今日の言葉