スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年06月21日

【話題株】アンジェスは下げたあと切り返す、海外での遺伝子治療薬開発戦略見直しは時間と費用面でプラス

 アンジェス MG<4563>(東マ・100株)は、海外でのHGF遺伝子治療薬について早期に実用化を目指す目的から開発戦略を変更する。株価は、「マーケットが開発の後退と受け取ったようだ」(中堅証券)ということから、一時、42円安の425円と下げた。しかし、当初計画から申請時期を遅らせることなく、しかも、試験費用を削減することができる点が見直され440円台へ戻している。

 HGF遺伝子治療薬は重症虚血肢(糖尿病等で下肢切断など)を対象としたもので北米中心に被験者の登録を目指しているものだが、登録ペースが想定より遅いため、試験完遂に当初計画より長い時間と費用が必要なため新たな別の臨床試験に切り替え、アメリカの施設に限定して行う。米FDAと協議を開始した。

 同社の山田英社長は、「新たな開発試験を採用することにより開発にかかる時間と費用を削減し、できるだけ早くHGF遺伝子治療薬の実用化を目指す。原稿の第V相臨床試験の終了は必要な決定であると判断した。速やかに新たな開発計画を策定する」という。

 また、このほど、森下仁丹との間で子宮頚部前かん治療ワクチン(CINワクチン)について独占的な開発・製造・販売権を許諾することで合意した。正式契約時には、同社は契約一時金を受け取り、商業化に達した時にはロイヤリティ収入を受け取る。

 今年4月20日に943円と4ケタ直前まで値を上げた。信用取引の規制強化もあって調整だが、この水準は狙い場だろう。



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:20 | 話題株