IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年06月28日

【チャートで見る株価】武田薬品の月足チャートは狙い場を示唆、トヨタと類似の動きは海外不透明から違いが鮮明の可能性

■利回り4.5%が魅力

 武田薬品工業<4502>(東1・100株)は、月足チャートで2013年1月の水準まで下げてきたことで中期で狙える位置に来ているとみてよいだろう。週足では、前週末4098円と年初来安値をつけたが、この時点で26週線とのマイナス乖離が約21%まで拡大、底打ち足となっている。

 アベノミクス相場での高値は2015年3月の6657円、トヨタ自動車と同じ時期である。高値からの下落率では40%程度で両者ともほぼ同じだが、17年3月期見通しではトヨタ自動車の40%営業減益に対し武田薬は3.2%増益と差がある。しかも、円高と世界経済先行き不透明の影響はトヨタに比べると武田は小さい。実際、マーケットでは消去法で輸出関連を避け、薬品、食品を物色する人気となっている。

 ただ、週足チャートの形では15年3月高値から現在は三段下げの位置にあるが三段下げの形としてはやや物足りない点がある。一旦、戻したあと三段下げのダメ押しで4000円前後をつける可能性は残っている。

 仮に、4000円まで下げるなら予想EPS112.3円でPERは35.6倍だが、年180円配当に対する利回りは4.5%と抜群。27日は消去法で薬品株浮上から4342円と反発だが、このまま上に行くことができるかどうかは微妙。それに、全般相場が一段安の可能性もある。このため、中長期スタンスを基本として4000円前後での押し目買いがよさそうだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:08 | チャートでみる株価