スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年07月01日

JトラストG:西京銀行と提携、インドネシアルピア建外貨預金に進出

■個人・法人向け新商品、マネープラザなど同行全店で販売

 金融事業中心に事業展開するホールディングカンパニーJトラスト<8508>(東2)の傘下企業Jトラストインドネシア銀行(PT Bank JTrust Indonesia Tbk.)は、このたび西京銀行(本社:山口県周南市)と提携し、個人ならびに法人を対象とするインドネシアルピア建外貨預金(インドネシアルピア建外貨定期預金)の取扱い開始を決めた。西京銀行は7月11日(月)から販売を開始する。

【インドネシアルピア建外貨定期預金の商品概要】

 1)預入金額:1億インドネシアルピア(邦貨換算で約80万円=6月28日現在)以上0.01インドネシアルピア単位(上限なし)、2)預入期間:1年の元利自動継続、3)適用利率:年5.00%、4)為替手数料:預入時1万インドメシアルピアあたり4円・払戻時1万インドネシアルピアあたり2円である。なお、外貨預金のため預金保険、マル優の対象外。

■Jトラストインドネシア銀行:本来業務で利益を生む収益体質へ転換

 Jトラストグループは東南アジア金融事業展開戦略として、Jトラストインドネシア銀行の再生を最優先課題の一つとして位置付けており、新商品の取扱い開始で調達金利低減効果による収益基盤確立へのスピードアップが期待される。

 課題であった同行の不良債権比率の引き下げについては、既に不良債権(NPL債権)を、PT JTRUST INVESTMENTS INDONESIAへ譲渡済みとなり、同行の不良債権比率(貸倒引当金を差し引いたネット・ベース)が5ポイント以上減少した結果2%程度までに低下、銀行業の本来業務で利益を生む収益体質へ転換している。

 また、資金調達面では、Jトラストグループ傘下へ移行したことで、積極的な貸付・預金獲得活動が可能となったことやインタネットバンキングシステムの導入等で、普通預金口座が増加、海外預金の獲得も進むなど、調達金利の低減が実現しており、収益拡大へ向けた基盤強化が急速に進んでいる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 15:07 | IR企業情報