株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年07月05日

【銘柄紹介】プラスは中部地区中心に完全貸切ゲストハウスで婚礼サービス手掛ける

■今7月期56%増益で木町一括20円配当

 ブラス<2424>(東マ)は、本年3月9日に東京証券取引所マザーズ市場と名古屋証券取引所セントレックス市場に上場。愛知、岐阜、三重、静岡県の14カ所の施設で完全貸し切りのゲストハウスによる婚礼サービスを手掛けているほか、パーティ、講演会、セミナー等への司会者派遣なども行っている。

 完全貸し切りのゲストハウスは、すべての店舗が「1チャペル・1パーティ会場・1キッチン」のスタイルで完全貸切型。新郎新婦の新規来館から打合せ、結婚式当日の対応までを1人のウエディングプランナーが担当するウエディングプランナー一貫制。プランナーと共に「最高の結婚式を創る」ためにオープンキッチンからできたての料理をすべての店舗でパーティ会場に隣接するようにキッチンを設計。プランナーをはじめとしたブラスのスタッフ、顧客をもてなす料理、披露宴を盛り上げる演出、そしてプロの技術とプロの意識をもったパートナー。すべてが1つになり、すべての顧客に笑いと感動を与える結婚式のチカラとなっているのが特長だ。

 今2017年7月期第3四半期業績実績は、売上高が50億9600万円、営業利益が、4億5600万円、経常利益が4億2300万円、純利益が2億3800万円に着地(3月上場のため前年同期実績の記載なし)。

 通期業績予想は、売上高が71億5900万円(前期比16.3%増)、営業利益が7億2100万円(同56.1%増)、経常利益が6億7200万円(同54.8%増)、純利益が4億0400万円(同53.0%増)と回復を見込んでいる。従来無配としていた期末一括配当は20円(前期は無配)を実施する方針。

 株価は、3月9日の上場初値は公開価格の4370円を上回る4650円、この日高値5350円と買われた後、6月16日安値2172円と調整。その後、2200円どころを下値にモミ合っている。上場に伴う一時的な広告宣伝費及び上場費用の発生、17年7月期にオープンを予定している「ブランリール大阪」の開業準備コストの発生が響いたが、業績はほぼ計画どおり推移している。中長期では、東海から関西・関東へ進出、出店エリアで新たなドミナントを形成、郊外・都心の両地域への出店、敷地面積を選ばない店舗展開を計画しており、今後も成長が見込まれる。今期予想PER8倍台と割安感があり、リバウンド相場入りとなるか注目したい。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:44 | 銘柄紹介