スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年07月05日

ケンコーマヨネーズは「自遊庵」で楽しめるメニュー作りに協賛

■日本橋三越本店では今年3月に日本の食文化を五感で体感できる「自遊庵」をオープン

 日本橋三越本店では、「カルチャーリゾート百貨店宣言」を行い、日本文化の発信拠点として、「日本一楽しめる店・遊べる店」を目指している。

 特に、飲食に関しては、今年3月に日本の食文化を五感で体感できる「自遊庵」をオープンしている。日本の四季にマッチした食を楽しめることから、多くの来店客が訪れ、盛況である。ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は「自遊庵」で楽しめるメニュー作りに協賛している。

 「自遊庵」の7月のテーマは、前半に「唐辛子」、後半に「枝豆」となっている。

kennmayo1.jpg

 7月6日から7月19日の「唐辛子」がテーマの食事メニューは、「豚肉巻き万願寺唐辛子焼き〜かんずりあんかけ〜」「手まり寿司〜生ゆず塩七味添え〜」。この食事メニューの手まり寿司には、ケンコーマヨネーズの「惣菜亭冷凍厚焼き卵(だし味)と「しっとりちらし錦糸卵」が使用されている。また、和風ピクルスサラダには、「低カロリーノンオイルドレッシング香味レモン」が使われている。

 7月20日から8月2日のテーマ「枝豆」を使った食事のメニューは、「すずきのムニエル〜枝豆ソース添え〜」、「手まり寿司〜だだ茶豆入り味噌和添え〜」。すずきのムニエルには、ケンコーマヨネーズ製の「ベイクドスライスポテト」が採用されている。手まり寿司には先述の「惣菜亭冷凍厚焼き卵(だし味)と「しっとりちらし錦糸卵」が使われている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:10 | IR企業情報