株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年07月12日

【銘柄紹介】ジャパンミートは関東一円の「食」を担う総合企業、今7月期増益、期末一括10円配当

 ジャパンミート<3539>(東2)は、本年4月21日に東京証券取引所第二部に上場。1978年に精肉卸売りで事業をスタートしたジャパンミートグループは、いまや関東一円の食を担う総合企業へと大きく成長を遂げている。現在、専門性を有する精肉、青果、鮮魚、惣菜の各部門を直営し、大手ホームセンタージョイフル本田内および路面店スーパーマーケットを中心に事業を展開している。

 焼肉店などの外食事業にも進出しているほか、2013年には東京都心部を中心にスーパーを展開する「肉のハナマサ」を傘下に収め、高い成長を維持している。本年は、東京芝浦に新社屋として東京本部ビルを建設するとともに、茨城県東茨城郡茨城町にあらたな加工物流拠点の設立を予定している。

 今2016年7月期第3四半業績実績は、売上高が727億9800万円、営業利益が34億8600万円、経常利益が34億8600万円、純利益が20億9300万円に着地。

 通期業績予想は、売上高が958億0700万円(前期比4.7%増)、営業利益が43億2400万円(同24.4%増)、経常利益が43億0300万円(同21.0%増)、純利益が26億9400万円(同45.2%増)を見込んでいる。配当予想は期末一括10円を予定している。

 株価は、4月21日の上場初値は公開価格の1010円を上回る1040円、同日安値995円を底に6月6日高値1454円と買われた後、6月24日安値1079円まで調整を挟んで7月11日に1690円の上場来高値と上値を伸ばしている。第3四半期営業利益は通期計画に対する進捗率が80.6%と順調に推移。来17年7月期増収増益の続伸が観測されており、高い成長が続くとの期待感は高まる。押し目買い優位に上昇基調を強めるか注目したい。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:28 | 銘柄紹介