スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年07月12日

【チャートでみる株価】パナソニックが26週線抜けの可能性、エアコン増産のダイキン急伸も刺激

 パナソニック<6752>(東1・100株)の週足チャートは26週線に急接近、上抜いて上値を伸ばすか、あるいは戻りいっぱいとなるか胸突き八丁の場面を向かえている。仮に、26週線を抜けば2015年7月以来、ほぼ1年ぶりとなるだけに15年5月につけた高値1853円に向けて本格的な出直りが期待できるだろう。

 業績見通しは芳しくない。四季報・夏号では、17年3月期の営業利益を3100億円(16年3月期4157億900万円)と25.4%の減益と予想、EPSでも62.5円(同83.4円)とみている。一方、これに対し好材料としては、得意のエアコンが猛暑見通しから需要拡大が予想される。既に、足元ではフル生産というから、同じサマーストックのダイキン工業(6367)が急伸していることは刺激となるだろう。

 今年2月12日の799円に対し、その後の動きがダブル底形成の形となっていることから26週線抜けの可能性はかなり高かそうである。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:42 | チャートでみる株価