スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年08月07日

3期連続最高益更新を見込むケンコーマヨネーズの第1四半期は営業・経常利益共に大幅増益

■総菜関連事業のセグメント利益が倍増

 3期連続の最高益更新を見込むケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の第1四半期は、営業利益、経常利益共に大幅増益と好調なスタートとなった。

 好業績の背景には、人気のある新製品の開発とともに、自社製品を使ったメニュー提案が顧客企業に受け入られていることが挙げられる。また、静岡富士山工場が稼働し、原料である「殻付き卵」から「タマゴ製品」まで一貫した生産システムを備えたことで、タマゴ製品の売上が拡大したことも挙げられる。

 17年3月期第1四半期連結業績は、売上高176億77百万円(前年同期比9.9%増)、営業利益11億41百万円(同38.5%増)、経常利益11億63百万円(同50.4%増)、純利益7億89百万円(同9.1%減)であった。最終利益が減益となった要因は、法人税が前期の1億円から3億90百万円に増加した影響。

 セグメント別に見ると、調味料・加工食品事業は、売上高146億87百万円(同10.8%増)、セグメント利益8億81百万円(同26.4%増)であった。
 一方、総菜関連事業は、売上高は26億88百万円、(同6.3%増)セグメント利益2億96百万円(同108.8%増)と利益が倍増した。

 第2四半期業績予想に対する進捗率は、売上高50.1%、営業利益62.7%、経常利益64.6%、純利益68.6%と利益面で高い水準で推移しているため、上方修正も期待できる。



◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:46 | 決算発表記事情報