IRセミナー
1/29(火)=Delta−Fly Pharma、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年08月22日

【注目のリリース】日本アジアグループの国際航業が写真や動画だけで高精度な3次元(3D)測量データ作成サービス

■8月19日開始、建設・土木工事などの分野で3次元データの作成をサポート

 日本アジアグループ<3751>(東1・売買単位100株)の主要な事業会社のひとつ国際航業(東京・千代田区)は8月19日、ドローン(無人航空機・UAV)で撮影した写真や動画だけではなく、地上撮影のものも利用して短時間で高精度な3次元(3D)の測量データを作製する3次元空間情報解析クラウドサービス「KKC−3D」を同日開始したと発表した。土木工事の建設現場などは、3Dメッシュ、デジタルオルソ画像、数値地表モデル(DSM)等でダウンロードでき、関連するマニュアル・要領で定める成果を作成できる。

 国際航業は航空測量の大手。3次元データの活用は、建設・土木工事やインフラ管理の分野を中心に本格化しているが、しかし、3次元データの解析作業には高度な専門知識が必要で、処理を行う専門ソフトは高価であるなど、誰もが3次元データを作成できる環境はまだ整っていないのが実情だ。こうした状況を踏まえ、同社では、これまで蓄積してきた先進的な測量技術やノウハウを一般化し、3次元データの作成をサポートする。

 なお、本サービスを利用するには、最初に、国際航業が実施する「ドローン(UAV)運航・3次元計測スクール」でドローンによるデータ取得の基礎を習得するという。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 新製品&新技術NOW