スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年09月30日

【チャートでみる株価】オプティムは戻り歩調で5月高値目指す、17年3月期第1四半期が高進捗率で通期増額余地

■IoT/M2M関連や農業IT関連のテーマ性も注目点

 オプティム<3694>(東1)に注目したい。株価は8月の直近安値から切り返して戻り歩調だ。17年3月期通期業績予想に増額余地があり、IoT/M2M関連や農業IT関連のテーマ性も注目点となる。

 業績は好調だ。17年3月期第1四半期の非連結業績が前年同期比35.6%増収、84.9%営業増益、85.0%経常増益、91.5%最終増益となり、通期予想に対する進捗率は売上高24.9%、営業利益33.1%、経常利益33.1%、純利益31.1%と高水準である。通期増額余地がありそうだ。法人向けIoTプラットフォームサービスやリモートマネジメントサービスが伸長する。農業IT分野では自動運転「アグリドローン」を発表している。

 株価は8月の直近安値4005円から切り返して戻り歩調の展開だ。9月29日には5180円まで上伸した。日足チャートで見ると25日移動平均線が上向きに転じ、週足チャートで見ると13週移動平均線に続いて26週移動平均線を突破した。基調転換を確認した形であり、5月の年初来高値5750円を試す展開だろう。これを突破すれば上げ足を速める可能性がありそうだ。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 16:44 | チャートでみる株価