スマートフォン解析

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年11月03日

ソフトクリエイトHDの今期第2四半期は、ECソリューション事業が順調で増収増益

■通期連結業績予想が上振れる可能性も

 ソフトクリエイトHD<3371>(東1)の今期第2四半期は、ECソリューション事業が順調であったことから増収増益となった。

 売上高は65億69百万円(前年同期比13.2%増)、営業利益7億72百万円(同24.7%増)、経常利益8億17百万円(同15.5%増)、純利益5億33百万円(同0.9%増)であった。

 通期連結業績予想に対する進捗率は、売上高50.1%、営業利益50.8%、経常利益51.7%、純利益52.2%である。ところが、前期の進捗率は、売上高47.2%、営業利益42.4%、経常利益45.5%、純利益51.9%と前年同期と比較すると今期の進捗が早いので、通期連結業績予想が上振れる可能性もある。

 ちなみに、今期通期連結業績予想は、売上高131億円(前期比6.7%増)、営業利益15億20百万円(同4.0%増)、経常利益15億80百万円(同1.6%増)、純利益10億22百万円(同0.4%増)と最高益更新を見込む。

 2日の株価は、日経平均が300円以上下げた影響もあり、53円安の1113円であったが、引け後に発表された第2四半期が好業績であったことから、年初来の最高値1231円奪回へ向けた動きが予想される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:32 | 決算発表記事情報