IRセミナー
12/6(水)=アルコニックス、ハーツユナイテッドグループ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年11月08日

ケンコ―マヨネーズは第2四半期連結と通期業績予想の上方修正を発表

■サラダ・総菜類、マヨネーズ・ドレッシング類、タマゴ加工品といった全ての製品の売上が好調

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は7日、サラダ・総菜類、マヨネーズ・ドレッシング類、タマゴ加工品といった全ての製品の売上が好調であったことから、第2四半期連結業績予想を上方修正した。

 売上高は、前回予想を7億59百万円上回る360億09百万円(前年同期比8.3%増)、営業利益は6億56百万円(同35.6%増)、経常利益は6億90百万円上回る24億90百万円(同38.8%増)、純利益は5億40百万円上回る16億90百万円(同11.1%増)と大幅増収増益となった。

 第2四半期が好調であったことから、通期業績予想についても、上方修正となった。

 売上高は、前回予想を8億円上回る708億円(前回予想比1.1%増)、営業利益は6億50百万円上回る41億円(同18.8%増)、経常利益は7億円上回る42億円(同20.0%増)、純利益は5億50百万円上回る26億80百万円(同25.8%増)と最高益更新を見込む。

 また同時に「グループ生産拠点構想に関するお知らせ」で、生産拠点の老朽化や今後の様々な取組への対応として、生産設備の更新や新拠点の構築を進めるため、平成31年3月までに稼働させる予定で、総額150億円強の投資金額を想定していることも発表した。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:11 | 決算発表記事情報