スマートフォン解析
IRセミナー
9/5(火)=PALTEK、サンセイランディック

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2016年12月12日

日進工具は株式分割と株主優待制度導入を発表、上場来高値を更新

【利益還元に積極的な「魅力ある企業」(株主優待)】

■15年6月の上場来高値を更新

 超硬小径エンドミルの日進工具<6157>(JQ)は12日、419円高の2999円まで上げて急伸している。12月9日に株式分割と株主優待制度導入を発表した。業績は好調だ。17年3月期増収増益予想で増額余地がありそうだ。株価は年初来高値を更新し、15年6月の上場来高値も更新した。

 12月9日に株式分割と株主優待制度導入を発表した。株式分割は16年12月31日を基準日(効力発生日17年1月1日)として1株を2株に分割する。株式2分割に伴って17年3月期末配当予想を40円から20円に修正したが、実質的に変更はない。株主優待制度については、毎年3月31日現在1単元(100株)以上保有株主に対してオリジナルクオカード1000円分を贈呈する。17年3月期末から開始する。

 業績は好調だ。17年3月期連結業績予想は売上高が16年3月期比1.2%増の84億80百万円で、営業利益が同1.3%増の19億40百万円、経常利益が同1.3%増の19億80百万円、純利益が同0.5%増の13億50百万円としている。第2四半期累計は小径エンドミルの好調で前年同期比7.7%増収、13.8%営業増益、11.1%経常増益、12.1%最終増益となり、通期予想に対する進捗率も売上高52.1%、営業利益57.2%、経常利益56.5%、純利益55.7%と高水準である。通期予想には増額余地がありそうだ。

 株価は10月高値2568円から利益確定売りで一旦反落したが、素早く切り返して12月9日には2638円まで上伸。12日は419円高の2999円まで上げて急伸。週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインとなって年初来高値更新の展開となっている。株式2分割や株主優待制度導入も好感している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 11:47 | 利益還元に積極的な「魅力ある企業」