株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年01月02日

【村山貢司の気象&経済歳時記】2017年も異常気象に悩まされる年?

kisyou1.jpg

 あけましておめでとうございます。2016年は異常気象の連続であった。日本に上陸した台風は6個であったが、特筆すべきは北海道に3個上陸し、史上初めて東北地方に上陸したことである。北海道は前線の影響もあって記録的な大雨になり、鉄道や道路にも大きな被害が出た。

 9月は全国的な長雨になり、8月後半からの不順な天候もあって野菜が記録的な高値になった。8月後半からの不順な天候は14年以降3年連続であった。2016年の冬はエルニーニョ現象が起きていたが、夏の終わりから正反対のラニーニャ現象に移行し、この急激な変化が日本やアジアに大規模な異常気象を引き起こしたものである。ラニーニャ発生時の夏は北日本で雨が多いのが特徴である。

 現在のラニーニャ現象は少なくとも春までは続き、初夏以降は平常に戻る可能性が高いが、夏まで続くこともあり得る。天候への影響は少なくとも夏の前半まで残るであろう。ラニーニャ発生時の春は、気温は平年並みであるが、北日本と西日本で日照時間が少なく、雨量は西日本と沖縄で少ない。

 夏は、東京など東日本を中心に気温が高く猛暑になりやすい。日照時間は全国的に平年並みか多く、雨量は北日本と西日本、沖縄などで少なくなる。というのが今までのパターンである。いずれにしても、異常気象の大きな要因であるラニーニャ現象が現在発生しているために、2017年も異常気象に悩まされる年になりそうだ。(村山貢司=気象予報士・経済評論家)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 13:21 | 村山貢司の気象&経済歳時記