スマートフォン解析
IRセミナー
10/25(水)=メディアグループ 三栄建築設計、CRIミドルウェア

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年01月12日

【株式市場】トランプ氏の当選後初会見後に円高が再燃し日経平均は一時269円安

◆日経平均の前引けは1万9192円76銭(171円91銭安)、TOPIXは1538.48ポイント(11.92ポイント安)、出来高概算(東証1部)は9億3560万株

 12日(木)前場の東京株式市場は、米次期大統領トランプ氏の当選後初会見によってNY株式は上げたものの、円相場は早朝から1ドル114円台を出没する円高基調になり、自動車株などから反落模様になった。日経平均は9時30分にかけて269円28銭(1万9095円39銭)まで下押した。武田薬品工業<4502>(東1)などの大手薬品株は、トランプ氏が薬品業界に注文をつけたとされて全般に下落。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均などもそろって軟調。

 キユーピー<2809>(東1)乃村工藝社<9716>(東1)など、昨日発表の決算が好調だった銘柄が強く、ANAP<3189>(東1)は第1四半期決算が好感されてストップ高。アスカネット<2438>(東マ)は空中結像機器が米国の展示会でBMWの近未来車に使用と伝わり一時ストップ高。ベルグアース<1383>(JQS)はタイ王国の企業との提携などが好感されてストップ高。

 東証1部の出来高概算は9億3560万株、売買代金は1兆498億円。1部上場2004銘柄のうち、値上がり銘柄数は390銘柄、値下がり銘柄数は1509銘柄となった。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:56 | 今日のマーケット