IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年02月07日

【どう見るこの株】パウダーテックは好業績を評価して急続伸し高値を更新

■99年来の高値水準

 パウダーテック<5695>(JQ)は7日、41円高(6.73%高)の650円まで上げて急続伸し高値を更新している。同社は、電子複写機用キャリアの大手で、鉄粉事業も展開している。2月6日発表した17年3月期第3四半期累計の連結業績は大幅増益だった。通期も2桁増益予想である。そして再増額の可能性が高いだろう。

 株価は1月11日に99年来の高値水準となる637円まで上伸し、2月7日は41円高(6.73%高)の650円まで上げて急続伸し高値を更新している。日足チャートで見ると25日移動平均線、週足チャートで見ると13週移動平均線がサポートラインの形だ。好業績を評価して上値を試す展開が期待される。

■17年3月期第3四半期累計大幅増益で通期再増額の可能性

 17年3月期第3四半期累計(4〜12月)の連結業績は、売上高が前年同期比6.5%増の77億80百万円、営業利益が同29.2%増の13億46百万円、経常利益が同32.6%増の13億74百万円、純利益が同40.3%増の9億26百万円だった。

 オフィス用複写機・プリンターを主要用途とするキャリア事業は、前期立ち上がった新規商品が本格寄与して大幅増収増益だった。鉄粉事業は主要用途であるカイロの生産調整で減収だが、コストダウンでカバーして増益だった。

 通期の連結業績予想(11月7日に売上高、利益とも増額修正)は、売上高が前期比6.4%増の102億円、営業利益が同15.9%増の15億50百万円、経常利益が同17.9%増の15億50百万円、純利益が同15.4%増の10億20百万円としている。

 通期会社予想に対する第3四半期累計の進捗率は売上高が76.3%、営業利益が86.8%、経常利益が88.6%、純利益が90.8%と高水準である。通期予想は再増額の可能性が高いだろう。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:50 | どう見るこの株