スマートフォン解析
株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2017年02月13日

【株式評論家の視点】はてなはサーバー監視サービス「マカレル」で事業拡大へ、25日移動平均線を目安に下値を固めるか

 はてな<3930>(東マ)は、2001年の創業とともに『人力検索はてな』を世に送り出したはてなは、更新チェックサービス『はてなアンテナ』やブログサービス『はてなダイアリー』『はてなブログ』、ソーシャルブックマークサービス『はてなブックマーク』など、これまでにはなかったサービスを次々と創出している。

 インターネット上で利用者自身がテキストや画像、映像などのコンテンツを発信することができる場を提供する、ブログを始めとしたUGCサービスの利用は、スマートフォンなど情報通信端末の普及に沿ってますます拡大しているが、コンテンツプラットフォームサービスにおいては、機能開発やサーバー等への投資により、投稿や閲覧をより便利にしていくことで更なる拡大を進めている。 コンテンツマーケティングサービスにおいては、企業がインターネットを活用して動画、画像、テキストを提供し、潜在顧客の認知や興味関心を獲得する重要性がますます増していることから、「はてなブログMedia」の拡販を 行うことで、更なる事業拡大を図っている。 テクノロジーソリューションサービスにおいては、受託開発・運営のみならず、他社システムに対して「Mackerel (マカレル)」の導入を提案し、事業の拡大に取り組んでいる。

 今2017年7月期第1四半期業績実績は、売上高が4億6700円(前年同期比12.4%増)、営業利益が9600万円(同23.8%減)、経常利益が9600万円(同22.2%減)、純利益が5900万円(同25.3%減)に着地。

 今17年7月期業績予想は、売上高が18億6600万円(前期比19.7%増)、営業利益が2億5300万円(同0.1%増)、経常利益が2億5200万円(同7.4%増)、純利益が1億5000万円(同4.4%増)を見込む。

 株価は、KDDIが提供する法人向けクラウド基盤サービス「KDDIクラウドプラットフォームサービス」(KCPS)に、サーバー監視サービス「Mackerel(マカレル)」が採用との発表を手掛かりに、1700を軸としたモミ合いを上放れし、2109円と急伸。再度、モミ合いとなっている。マカレルの導入提案による事業拡大に対する期待感が高まっており、今月28日に予定される今17年7月期第2四半期決算発表で、業績が順調に推移すれば、十分買い直される可能性はある。25日移動平均線に届けば値ごろ感が出てくることから、下値を固めてくるか注目したい。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:40 | 株式評論家の視点